七五三の時期と撮影のタイミング前撮りはいつ?両親の服装など基礎知識

七五三(753)といえば子供の記念行事として誰でも知っているお祝いですが、その由来や時期、いつが記念撮影のタイミングなのかをもともと知っていたという方は意外といないのではないでしょうか。また、お参りや記念撮影の時期のほかにも男女の違いやパパママの服装で悩む方も多いようです。そこで、こども写真館プレシュスタジオで聞かれることの多い七五三の基礎知識とポイントについて、撮影コーディネーターとカメラマンがまとめました。

そもそも七五三はなぜ祝うの?行事の由来は?

七五三とは、住んでいる土地の氏神様に子供の健やかな成長をお祈りをするものです。その由来や起源は意外と知られていません。七五三の起源は1336年~1573年の室町時代といわれており、1603年~1868年の江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったものとされています。
現代ほど医療の発達していない時代では「七歳までは神の子」といった言葉があるほどに、子どもの死亡率が高かったこともあって、宮中や公家では、今まで無事に成長したことへの感謝と、これからの幸せと長寿を願うお祝いとして七五三が普及しました。明治時代には、現在の七五三の形になったと言われています。
七五三のお祝いをする年齢は男女で異なり、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いします。それぞれの年により違った意味を持ちます。

七五三の年齢と意味合い

3歳(髪置)
かつては男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り、髪を伸ばし始めるのは3歳からでした。髪を伸ばし始める際に「髪置」の儀式が行われました。
5歳(袴着)
男女ともに5歳から7歳になると、初めて袴をつける「袴着」または「着袴」という儀式が行われました。
7歳(帯解)
紐で着付けていた子どもの着物の紐をとって帯を結ぶ儀式が始まりました。男の子、女の子ともに9歳で行われていましたが、江戸時代末期からは男の子は5歳、女の子は7歳となりました。

七五三はいつお祝いするもの?参拝の時期は?年齢は数え年?

七五三のお祝いはいつするものでしょう?はじめての七五三だと、数え年か満年齢か悩みますよね。数え年は生まれた年(0歳の時)を1歳と数え、以降1月1日を迎えるごとに年をとる考え方です。昔は数え年でお祝いしていたようですが、地域やご家庭によってそれぞれのようです。
近年では、女の子は満3歳と満7歳、男の子は満3歳、満5歳でお祝いするのが一般的になっているようです。(関西の方では3歳男の子も七五三をするのが一般的で、現在では日本全国でも広まってきています。)数え年の2歳ですと、まだ赤ちゃんらしさが残ったままの可愛らしい着物姿を見ることができます。同年齢のお友達や他のご兄弟と合わせて七五三をする方もいらっしゃいます。本当に人それぞれです。
小さいお子様ですと、普段着慣れない着物でぐずってしまったり、テンションが上がってしまって体力を消耗してしまいます。お子様にとっては負担が大きいかもしれません。お子様のご機嫌や体力にもよりますが、ゆっくりお参りをされたい方や、早生まれのお子様は満年齢での七五三をオススメします。
それでは、お参りの時期はいつ頃が良いのでしょう?神社やお寺の年中行事では、11月15日を七五三の日と決められているそうです。この日にお参りに行かれる方も多いかと思いますが、神社は大変混み合います。
地域によって、9月は台風が多かったり、11月後半〜12月は雪の心配があるため、10月上旬〜11月下旬までに参拝される方が多いようです。ご家族のお休みや、お日柄をみて時期を少しずらされる方が待ち時間なども少なく、ゆっくり参拝できるかと思います。 ぜひ、ご家族のご予定を合わせて検討してはいかがでしょう?

七五三の写真撮影はいつまでに撮る?前撮りはいつから?

七五三の写真撮影は現在では9月~11月に限らず、比較的いつでも希望の方が多くいらっしゃいます。4月からの前撮り撮影について、月別にご紹介しましょう。
4月5月はまだスタジオの予約にも余裕があり、ゆったりと撮影することができます。また、夏前なのでお子様が日焼けした状態で写真が残ってしまうという心配もありません。 ですが、七五三のお参り時期の11月より半年早いため、特に3歳のお子様は幼い雰囲気が強く残ってしまうことがあります。
6月もまだスタジオは落ち着いて撮影することができる時期です。日焼けもまだ心配ありませんが、梅雨のため移動中雨に濡れてしまったり、髪がうまくまとまらないと嘆くお母様がよくいらっしゃいます。
7月、8月はお子様が夏休みのため、平日によりお得な価格で撮影することができます。梅雨が明けて外遊びやプールが楽しく、気がついたらお子様が真っ黒に日焼けしているということもあり、日焼けに注意が必要です。また、お子様は汗をかきやすいのでスタジオに来た時には汗で髪が濡れてしまっている、ということもあります。
9月、10月は気候も良く、七五三のお参りに近い時期に撮影することができますが、予約が多く入っていて希望の日程で撮影することができないという場合もあるので早めのご予約がオススメです。
11月を過ぎても、七五三のお参りをせずに写真撮影の後撮りだけ行う、という方もいらっしゃいますので、ご都合に合わせてお早めにご予約されると安心です。

七五三はどこの神社に行くべき?予約が必要?

次に、七五三のお参り当日はどこの神社へ参拝へ行くのか、ご祈祷の予約はどうしたらよいのかについてお話しします。
本来、七五三とは、住んでいる土地の氏神様にお子様の健やかな成長をお祈りをするものです。しかし最近では、崇敬している神社や家から離れた大きな神社に参拝する人も多くなっています。
伝統行事ではありますがお子様の成長を祝う行事ですので、ご家族皆様が行きやすい神社を選ばれても良いかと思います。駐車場があるか、砂利道が少ないかなど気になる点で探してみてもいいかもしれません。慣れない着物を着て、秋冬の涼しい時期での外出となりますので、お子様の体力にも配慮しましょう。
また、七五三のご祈祷は予約が必要な神社も多くあります。大安や土日、人気の神社等は予約が埋まってしまうこともありますので早めに問い合わせしましょう。その際は、同時にご祈祷料(初穂料・玉串料)、駐車場の有無を確認したほうが安心です。

七五三の親の服装のおすすめ・家族写真の撮り方

七五三の時期やお参りに次いで、プレシュスタジオでよくいただく質問が七五三参りや写真撮影の時のパパとママの服装についてのご相談です。七五三の主役はあくまでもお子様ですので、ご両親の服装は、お子様よりも格が下になるようにします。 一般的には、洋装よりも和装の方が格が上であるとされています。そのため、お子様が着物の場合は、ご両親は着物でもスーツでもどちらでも大丈夫です。反対に、お子様が洋装の場合はご両親も洋装でお子様と揃えるのが良いでしょう。
いずれの服装でも、お祝い事の晴れの日のイベントですので、華やかさを大切にするように心がけてください。
お母様が、お子様と一緒に着物を着る場合は、訪問着や付下げや無地の物を選ぶようにしましょう。江戸小紋であれば略礼装になるのですが、江戸小紋以外の小紋に関しては賛否があり、一般的には日常着とされているので、日常着のような柄は七五三では避けるのが無難です。 着物の場合、柄の入った訪問着や落ち着いた感じにしたい場合には付下げや無地の着物がおすすめです。
また、元気なお子様と一緒に一日中動き回るのは大変ですので、着物ではなく洋装でスーツを着られるお母様も多くいらっしゃいます。スーツの場合の注意点としては、ブラックフォーマルはお子様よりも格上となってしまうため、避けるようにしましょう。黒は避け、カラーフォーマルやセットアップのスーツ色は、ベージュ系やピンクがおすすめです。 スーツのほか、明るめの色のワンピースにジャケットもおすすめです。黒のパンプスと真珠のネックレスもあれば、今後のイベントにも使用できます。
お母様が洋装の場合、お父様も洋装で揃えるのが一般的です。その場合もブラックフォーマル以外の物で、ビジネススーツに少し華やかなネクタイにすると良いでしょう。

七五三の家族写真撮影のポイント

家族写真の撮り方についてのポイントとして、家族でまとまりのあるコーディネートを意識しましょう。主役のお子様の着物の色で、家族の服装を合わせるだけでもぐっと統一感が出てきます。 お子様の着物の色がピンクなどの場合、お父様はネクタイだけでも大分印象が変わります。
七五三のお参りに家族全員で着物は難しいかもしれませんが、記念撮影の時に全員で着物を着るのも、とてもおすすめです。 思い出に残る七五三なので、ぜひ素敵な記念写真を撮っておきましょう。

七五三の記念撮影はプレシュスタジオへ

こども写真館プレシュスタジオでは、男女とも七五三の記念を形に残す記念撮影を行っています。一軒家貸切型のハウススタジオにて、スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。着物や袴など、撮影衣装のレンタルも実施しています。