記念撮影コラムAnniversary Photo Column

                   

七五三はいくらかかる?安くても失敗しない七五三のコツ

着物で七五三の記念写真
はじめて七五三(753)を迎えるご両親には、わからないことがたくさんあります。
七五三の時期やお参り場所はさておき、七五三には総額でどのくらいの予算があれば大丈夫なのか?と心配になるご家庭もあるでしょう。

七五三の予算はいくら?何にお金がかかる?

一般的に、七五三には予算をいくらぐらい準備しておいたら良いのでしょうか。必要な予算はどのような形でお祝いをするか、一緒にお祝いをしてくれる人がどのくらいいるかによっても違いがありますが、およそ総額で約10万円~15万円程度が必要です。
しかし、何にどれくらいこだわるかやお祝いの仕方・時期によっても大きく費用は変わってきます。そこで今回は、七五三に必要な費用の詳しい内訳や相場を上手な節約術とともに解説していきます。

七五三にかかる費用の内訳例

  • 神社での初穂料(御祈祷・千歳飴など記念品)
  • 写真撮影代(撮影料金、写真データ、フォトアルバム等)
  • 衣装代(購入または着物レンタル)
  • 着付代、ヘアメイク代
  • 食事会の費用
  • お祝いの内返し
  • 交通費(遠方の場合)

七五三を迎える子供のために必要な初穂料・衣装代・撮影代

七五三ではお寺や神社で祈祷をしてもらいますが、そのために初穂料や玉串料と呼ばれる祈祷料を包んで渡すことになります。また、七五三では着物などの和装やスーツなどに身を包み、写真撮影をして記念に残すのが一般的です。着物やスーツは買うかレンタルするかの二通りの選択肢がありますが、子供のために着物やスーツを仕立ててもすぐに成長して着られなくなってしまうのでレンタルをするケースが多くなっています。
購入費用やレンタル費用も予算として考える必要があり、それに付随して着付けやメイクなどの費用も負担しなければなりません。

写真撮影については撮影費用に加えて、印刷代やアルバム作成代がかかります。撮影用に別に着物などをレンタルする場合にはそのレンタル料金や着付け費用も必要です。
近年では七五三に着物だけでなくドレスやフォーマルな衣装でも写真撮影をすることも多いので、写真スタジオによってはドレスをレンタルする場合の別料金や持込料も発生します。

食事会と内返しなど親戚との交際費も

七五三のときには家族でお祝いの食事をすることがよくあります。親戚にも集まってもらって少し贅沢な食事をする場合があるので、食事代も考慮しておく必要があるでしょう。
また、祖父母や親戚などからお祝いをもらったときにはお祝い返しも検討することになります。七五三でのお祝いは返さなくて良いとも考えられていますが、実際には気持ちばかりのお菓子などを渡すことが多いので予算に入れておくことが必要です。

この他にも、遠出をするならお寺や神社までの交通費がかかり、親と祖父母も衣装のレンタルやヘアメイクなどをするとさらに費用がかかります。

あくまでもお祝いの内容によってかなり大きな差が生じるので、なかには七五三の総額が20万円を超えるということもあります。はじめてのお子さんですから、次に紹介する相場や安くても失敗しないコツをおさえて想定外の出費に備えて七五三を迎えましょう。

七五三のお祝い、写真撮影や着物代にかかる相場は?

男の子の七五三記念写真

おおよその費用の内訳がわかったので、七五三でかかる費用の相場を確認しておきましょう。

初穂料・玉串料の相場

初穂料・祈祷料の相場としては5千円~2万円程度で、二人一緒に七五三を迎えるようなときには二人分用意しておくことが必要です。多ければ良い、少ないと悪いとは考えず、子供のためを思ってどのくらい包むかを考えましょう。
神社によっては、七五三の祈祷料の目安を事前に公式サイトに掲載しているのでお参り当日までに確認しておくのがおすすめです。

七五三詣りにおすすめの東京都内神社7選!お参りのマナーもおさらい

七五三の着物代の相場(購入)

3歳・5歳の七五三の着物は購入すると、相場にかなり開きがあります。ノーブランド品の新品で1万円前後~、呉服店やブランド着物の新品で7万~10万円前後が目安ですが、通販や百貨店などで値段もまちまちです。

7歳の女の子が着る四つ身の着物では、人気のブランド着物の新作であれば20万円前後になることも。また、呉服店などではオーダーメイドで作ることもできるのでもっと高くなることもあります。

七五三の着物レンタル・着付け代の相場

着物の購入の相場がピンキリになるいっぽうで、着物レンタルの場合は1万円前後~3万円くらいが相場です。
着物を購入するよりも総額が安く済むのはもちろん、常に新作のブランド着物が揃っていたり、保管場所の確保やクリーニング代の必要も無く、必要な時期にだけ衣装が用意できるというのもメリットです。

また、着付けやメイクの相場はそれぞれ5,000円~1万円程度になっています。本格的な日本髪を結ったり、メイクをしっかりするか、両親も子供と一緒に着付をするかどうかでも値段は異なります。美容院など、着付ヘアメイクを行う場所によってもまちまちです。
以前は初孫の七五三の着付をおばあちゃんが行うというご家庭も見られましたが、現代ではそう多くはありません。

フォトスタジオや呉服店などのサービス・キャンペーンによっては、着物レンタルをしたときに一緒に着付けやメイクもやってもらうと安くなります、それでも5,000円前後くらいはかかるのが一般的です。

七五三の写真撮影の相場

フォトスタジオでの写真撮影にかかる費用は、サービスによってピンからキリまであります。撮影料だけであれば5千円前後で済みますが、印刷料金やアルバム料金は何をどのくらい注文するかによっても費用が違います。目安としては印刷などの写真の代金だけで2万円~8万円くらいです。

例えば、全国47都道府県から海外にまで展開しているこども写真館、スタジオアリスの場合には七五三セットが35,800円~72,800円で提供されています。撮影料金に加えてBOXフレームやギフト台紙などと撮影した写真のデータがセットになっているのが特徴で、夏休みでこんがり日焼けしてしまったときなどに画像修正などを依頼すると別途料金がかかります。

記念撮影の料金を上手に選ぶポイントや、フォトスタジオのおすすめの選び方についてはこのあと詳しくご紹介します。

七五三の食事代・内祝いの相場

食事会の費用は、どのくらいの内容で贅沢をするか、外食をするか、自宅で調理するか、ケータリングやデリバリーを利用するかといった点で大きく異なります。
目安としては1人あたり3千円~1万円程度で、一般的には5千円~6千円くらいの食事にしている傾向があります。

例えば、木曽路でしゃぶしゃぶの懐石料理を選ぶと7千円~1万円くらいになっていて、飲み物の分も考慮すると1人あたり8千円~1万2千円程度の予算になります。
また、お祝いのお返しはいただいた金額の30%~50%が目安なので、祖父母なら3万円~5万円のお祝いが相場なので1万円~2万円、親戚なら5千円前後が相場なので2千円くらいになります。

七五三祝いのお返しはどうしたらいい?内祝いのマナーをチェック

レンタル着物や前撮り・後撮りでかしこく七五三祝い!

このように、総額で見るとかなり大きな予算が必要になるのが七五三の悩ましいところですが、上手に賢く準備をすれば安くても失敗しない七五三を迎えることができます。
これまでの内訳と相場を見てみると、あくまでも子供の成長を祝う記念行事ですので、七五三にかかる費用のなかでも御祈祷にかかる玉串料やお祝いの内祝いは節約すべきところとは言えません。

節約のポイントとしては、比較的、相場に幅があって選択肢の多い着物代と写真代になります。
七五三の写真館での撮影は9月〜11月にピークを迎えます。ですので、写真館では春〜夏にかけて前撮りというかたちでお得なキャンペーンを行なっているところが多いです。
「夏に真っ黒に日焼けする前に」、また「前歯が抜けていないタイミングで」や7歳の女の子は「春に小学校入学の記念と一緒に」など、七五三撮影繁忙期を避けてお得にかしこく撮影しましょう。

七五三の前撮り(早撮り)はいつが安いの?事前準備と流れをチェック

七五三のレンタル着物は写真館がお得!

七五三の着物を友人や親戚などからお下がりでもらえることがあれば、着物代はかかりませんが現代ではあまりそうしたケースがありません。中古の着物を購入すると、仕立て直しやクリーニングなども必要になってきます。そこでやはり、着物はレンタルで済ませるのが、購入よりも予算を安く抑えるコツです。

さらに、七五三の写真撮影をするフォトスタジオで借りることで衣装レンタルと写真撮影を一本化でき、スタジオによってパッケージ価格やキャンペーン価格などで通常よりも安く利用することができます。
また、休日よりも平日の方が安いプランが多く、時期によっては半額くらいで撮影できるところもあります。オフピークを狙うのも重要です。七五三がピークの11月は写真館が混み合うタイミングで最も高いことを考慮して前撮りや後撮りも検討しましょう。

七五三、成人式、結婚式の前撮りに!賢く使う着物レンタル活用術

写真データ付きのフォトスタジオがお得でおすすめ

フォトスタジオのなかでも、撮影代以外にかかる費用があるのは先にご紹介した通りです。特に、プロカメラマンが撮影した写真を一枚一枚購入するか、まとめて購入できるかは大きな差が出てきます。

さらに、写真をデータで購入できるか、写真台紙やアルバムなどフォトグッズとしての購入になるかも見極めるべきポイントです。結果的に、写真を一枚ずつ購入するよりもまとまった画像データをセットで買えた方が断然お得になります。個別購入の場合、いざ記念撮影をするとどの写真も欲しくなってしまうので、購入できない写真があると心苦しくなり思いがけず予算が膨らんでしまうことが多いです。

七五三で撮った記念写真を年賀状に使ったり、自分でスクラップブックやフォトアルバムを作りたいという場合もデータがまとめてもらえる写真館がお得になります。
画像データが手元にあることで、祖父母や友達に七五三の写真を手軽に送ったりシェアできるのも魅力のひとつです。

こども写真館プレシュスタジオはこのような条件を満たす写真館で、アルバムや台紙の料金も抑えています。この他にもプランに両親の着物のレンタルが無料のサービスなどもあるのでお得で失敗のない七五三にするために利用を検討してみましょう。

七五三の東京都内こども写真スタジオ選び、5つのコツとチェックリスト

2020年の七五三はどうする?コロナ対策の写真館選びのポイント

2020年は、かつてない新型コロナウイルスの影響で七五三も新しいお祝いの仕方が注目されています。静岡県浜松市の五社神社では、毎年10月から販売している千歳飴を8月から販売開始し、時期をずらしての参拝の分散化を呼びかけました。

こうした社会状況を踏まえて、安心・安全に七五三を祝うためのポイントやコロナ対策のおすすめの写真館選びを解説しています。

どうする?今年の七五三・お宮参り コロナ対策のおすすめ写真館選び

おすすめの記念撮影コラム

撮影シーン別

最近のコラム

撮影料金・プランPhoto Plan

七五三(753)、お宮参り、ハーフバースデーなど、さまざまな撮影シーン別にお得なプランをご用意しています。
皆さまの大切な記念日の記録撮影を、全て想いを持って承ります。

       

フォトスタジオ一覧PhotoStudio List

       

東京近郊の一軒家貸切型こども写真館プレシュスタジオ一覧です。写真撮影・見学は完全予約制のため、当日受付はございません。
お問合せは各フォトスタジオにて承ります。