記念撮影コラム Photo Column        

                   

男の子の七五三(753) 3歳もお祝いする?おすすめの着物は?

前回は七五三のお祝いの時期や由来などの基礎知識と、両親の服装や家族写真撮影のポイントなどをご紹介しました。今回は、男女で違いのある七五三のなかでも、男の子のママ・ご家族からいただくことの多い質問についてこども写真館プレシュスタジオの撮影コーディネーターとカメラマンがまとめました。
ぜひ、はじめての七五三祝いに参考にしてください。

男の子と女の子の七五三の違い

昔は、乳幼児はあまり長く生きられない事も多かったことから、子供が無事に生まれてこれまで成長した事への感謝と、これからの成長と長寿を願う、大切な意味を持つ七五三。歴史的に見ると、その七五三祝いは年齢によって行われる男女のお祝いの儀式に違いがあります。

昔、3歳では男の子女の子どちらも、「髪置きの義」というお祝いの儀式があり、これは3歳まで髪を剃っていましたが、3歳から髪を伸ばし始めることに由来したものでした。
さらに5歳になると、男の子が幼年から少年になる節目として「袴着(はかまぎ)の義」「着袴(ちゃっこ)の義」というお祝いで、初めて男の子が袴を着ける儀式がありました。
そして、7歳では女の子が幼女から少女になる節目として「帯解(おびとき)の義」というお祝いがありました。このお祝いでは、女の子が6歳まで子供用の紐付きの着物を着ていた時期を過ぎて、7歳から四つ身の着物と普通の帯へ替える儀式を行いました。このように、男女それぞれに成長にあわせたお祝いがあったことが現在の753、七五三祝いへとつながっていきます。

現代の七五三でも、男の子と女の子の成長によってお祝いの年齢に違いがあります。
一般的には「男の子3歳・5歳」「女の子3歳・7歳」が男女の七五三のお祝い年齢として言われていますが、関西では「男の子3歳・4歳・5歳」「女の子3歳・4歳・7歳」と3回行うところなどもあり、各地域によってもそれぞれ異なってくるので、一度おじいちゃんおばあちゃんに聞いてみるのもいいかもしれません。

男の子の七五三は5歳だけ?3歳・7歳は?

先に述べた通り、男の子の七五三をお祝いする年齢に関しては地域や家族の考え方によっても様々な考え方があり、絶対にこう、というルールはありません。
首都圏ではこれまで一般的に、2度お祝いする女の子と違って男の子は5歳の時に一度だけお祝いするご家族が多くいらっしゃいましたが、最近では3歳の男の子も七五三祝いをするご家庭が増えて来ていてお祝いの多様化が見られます。
実際、プレシュスタジオに来られるお客様を拝見していても、ご家庭の都合や、ご兄弟の節目に合わせて七五三を行うなど色んなパターンがあるようです。

3歳の男の子はかわいい七五三写真、5歳の男の子はかっこいい七五三写真に

5歳の男の子は写真撮影でも凛々しい表情や勇ましいポーズを見せてくれたりするのですが、3歳の男の子は、この年ならではのあどけない可愛らしさがあるので、記念写真にも違いが見られます。最近では、男の子でも女の子同様に被布を着て3歳の七五三をお祝いするご家庭も見られるようになりました。
ぜひ、男の子も3歳の七五三をお祝いしてみてはいかがでしょうか。

男の子の七五三は羽織袴?おすすめの着物は?

男女共に髪型や着物を変えながら成長の変化、大きくなっていく節目が3歳、5歳、7歳の年齢になります。
3歳の男の子となるとまだ体が小さく、着物を着せても大きかったり、袴が長いかな?という心配もあるかと思いますが、プレシュスタジオをはじめ3歳用のお着物を用意している写真館、スタジオもたくさんございます。

スタジオは予約前に衣装とスタジオ内の見学が可能なところもあるのでお問い合わせしても良いかもしれません。また、お着物を着ないでスーツ姿、フォーマルな格好で千歳飴を持って撮影する方も多いです。その日のお子様の気分や様子で決めていただく事もできるかと思います。

また、3歳の七五三ではお着物を着られなかった方、洋装でお祝いされた方には、5歳のお祝いで羽織袴姿で大きく成長した姿が見られます。
最近は七五三のお着物をレンタルすることが多くなってきましたが、お父様も着物を着ていたり、兄弟や親戚から譲り受けた羽織袴を持参される方もいます。ぜひ、七五三という節目でお子様の成長記録を残してあげてください。

男の子に洋装でおすすめの七五三衣装

洋装の場合、男の子の七五三の洋装でおすすめの衣装といえばやはりスーツです。最近ではフォトスタジオでお着物・袴姿の写真を残し、お参りにはスーツ姿で行くお子様が増えてきています。
特に、移動が多いお参りでは、草履やお着物は着慣れていないため嫌がってしまうお子様が多く、途中でお着物を引っ張って着崩れてしまうこともあります。

その点では、スーツ姿で神社にお参りに行くと、お参り後のお食事会などもお着替えの手間なくそのまま向かえるのでお父様お母様の負担もグンと減ります。また、洋装を購入した場合に限りますが、幼稚園の卒園式や小学校の入学式、結婚式やフォーマルの場面で利用することができるのもメリットです。
成長盛りの5歳の男の子なので、サイズアウトして着られなくなってしまったときにはご兄弟や親戚に着回すこともできます。

せっかくの七五三だから着物も着せたいけど、神社内の移動やお参り時のご機嫌が心配…とお考えの方には、フォトスタジオでしっかりと着物の写真を残し、お参り時やお食事会では終始機嫌が保つように、お着物だけでなくスーツも視野に入れて検討しましょう。

七五三の衣装・着物はレンタルできる?

こども写真館プレシュスタジオでは、七五三撮影用の和服衣装に男の子は3歳・5歳用の羽織、女の子は3歳用の被布、7歳用の四つ身のお着物をご用意しております。
また、お着物撮影のあとは衣装を洋装にチェンジ可能!フォーマルなスーツやドレス、お洒落なセットアップ、カジュアルなお洋服などもご用意しておりますので、お着物とはガラッと違った雰囲気も楽しんでいただけます。

気になる料金も、プレシュスタジオの撮影用衣装は、レンタル費用がかからずすべて無料でレンタルしていただけるので安心です。足袋や髪飾りなども撮影スタジオにてご用意しておりますので、手ぶらでお越しいただいても安心です!(衣装によってご用意のサイズが異なります。また、お靴は一部店舗のみのご用意ですのでご了承ください。)
撮影前に、お子様とご家族一緒に「どれにしようかな?」と七五三の衣装を選ぶ時間も楽しみのひとつですね。

最近では、家族写真用に統一感のとれたコーディネートでお越しになるご家族も多くなってきました。
例えば、白シャツにデニムで爽やかコーデや、ボーダーTシャツにチノパンでカジュアルコーデ、お洋服のどこかにチェック柄が入っていたり。家族でペアルック、とまでいかなくとも、おしゃれなリンクコーデを楽しむのもおすすめです。
思い出に残る七五三撮影なので、ぜひスタジオ衣装とお持ち込みのお洋服で七五三の記念撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

七五三の記念撮影はプレシュスタジオへ

こども写真館プレシュスタジオでは、七五三の記念を形に残す記念撮影を行っています。
着物や被布、袴など、撮影衣装のレンタルも実施しています。一軒家貸切型のハウススタジオにて、カメラマンと撮影コーディネーター一同、皆様のお越しをお待ちしております。

あわせて読みたい記念写真撮影コラム

撮影料金・プランPhoto Plan

七五三(753)、お宮参り、ハーフバースデーなど、さまざまな撮影シーン別にお得なプランをご用意しています。
皆さまの大切な記念日の記録撮影を、全て想いを持って承ります。

店舗一覧PhotoStudio List

       

東京近郊の一軒家貸切型こども写真館プレシュスタジオ一覧です。お問合せは各フォトスタジオにて承ります。