記念撮影コラム Photo Column

                   

お宮参りの服装・装い お宮参りは何を着る?赤ちゃんと両親の服装、髪型は?

前回は、意外と知らないお宮参りの目的や時期・日取りの決め方についてご紹介しました。
日程の次によく質問をいただくのが、お宮参りの赤ちゃんと両親の服装・髪型です。「お宮参りでは赤ちゃんは何を着るの?」「女の子と男の子の違いは?」「ママはどんな服装・髪型でお参りすればいい?」等、こども写真館プレシュスタジオで聞かれることの多い疑問について撮影コーディネーターとカメラマンがまとめました。

お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(女の子編)

お宮参りの正式な和装は、肌着の上に着せる白羽二重(しろはぶたえ)と言われる真っ白なお着物の上に、色のついた掛け着を掛けます。掛け着とはお祝いの時に着る晴れ着のことで、祝い着や初着・産着(うぶぎ)とも呼ばれます。最近では、ベビードレスを着せた上から掛け着を羽織らせたり、フォトスタジオで着物を掛けた写真を撮ることが多いためベビードレスでお参りに行く方も増えています。

女の子の掛け着の色

女の子用の掛け着(祝い着、産着)の色合いは、明るく華やかな色味が多く使われます。赤色や桃色、薄い黄色や水色などが多く、なかでも華やかで可愛らしい赤やピンクが人気です。

女の子の掛け着の絵柄

女の子のお宮参りの着物によく使われる絵柄は、美しい成長と人々からの祝福を願う気持ちが込められている御所車や花車、蹴鞠が貴族の遊びだったことから高貴さや品を表す華やかな鞠、音を出すことで邪気を追い払い神に呼びかけ祈りや願いを届けると言われる鈴の柄がよく使われます。また、美しく成長し高く羽ばたく姿をイメージした蝶の柄や、飛躍を表したうさぎの柄が使われることもあります。加えて、美しさや気品を表した牡丹、日本の国花である桜や梅などがよく使われています。色味と同じく、女の子用の掛け着(祝い着、産着)は、明るく華やか、可愛らしいデザインのお着物に人気があります。

お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(男の子編)

男の子のお宮参りでは、掛け着の色やデザインに女の子と大きく違いがあります。

男の子の掛け着の色

掛け着の色は男の子の場合、黒・濃紺・深緑などの濃い色合いのお着物が一般的ですが、キリッとしたりりしい色の掛け着だけではなく最近では白やベージュ(生成り)などのやわらかくお洒落な色も人気です。

男の子の掛け着の絵柄

着物のデザインはお祝いごとなので、男の子の出世や大成を意味するおめでたい熨斗目模様(のしめもよう)や兜、軍配、鷹、亀甲花菱や宝尽しなどの縁起物のモチーフが多いです。スタンダートな柄のほか、個性的な柄としては虎や龍といった、男の子に元気に健康で、そして勇ましく育って欲しいという想いを込めたデザインもあります。

地域によっては男の子のお宮参り着物に家紋を入れるところもあり、この掛け着は仕立て直すことで3歳・5歳の七五三のお参りや記念撮影にも着ることができます。お宮参りだけでなく、思い入れのあるお着物を成長とともに長く着られることができます。

お宮参りのベビードレスはどう着せる?

お宮参りのベビードレスは、お宮参りの季節や天候に合わせて着せてあげましょう。ベビードレスの上下に着る服で温度調整をしてあげると体温調節が苦手な赤ちゃんも快適に過ごせます。

ベビードレスの下には、短肌着または長肌着・コンビ肌着を着せ、その日の天候や気温よって肌着の上にツーウェイオール(ベビー服)などを着せてあげるのが一般的です。

シーズン別のお宮参りの服装調節

春や夏の汗ばむ時期はベビードレスの下に短肌着を着せます。特に暑い日の場合、ベビードレスの下は短肌着だけの方が過ごしやすいかもしれません。また、秋や冬の寒い時期は肌着を重ね着させたり、ベビードレスの下(または上)にベストや胴着を着せたりしてあげましょう。

特に寒い日の場合は、おくるみやアフガンを用意して、ベビードレスの上から体を温められるようにしておくと安心かもしれません。また、ベビードレスの上にはケープをかけてあげることも多いようです。取り外しができるケープは冬の寒さだけでなく、夏の冷房の効いた室内の防寒に使用できます。

最近のお宮参りはベビードレスのみ着せるケースも多いので、お着物を着せるかどうかによってもベビードレスの服を調整してあげましょう。夏の暑い日の場合、お着物は神社で祝詞をあげてもらう時や記念写真を撮るときだけでも良いかもしれません。

お宮参り当日は天候や気温にあわせてベビードレスを着せ、お子様の様子を見てこまめに体温調節してあげることが大切です。

お宮参りの両親の服装は?着物を着るべき?

お宮参りの際の服装は、必ずしもこれを着なくてはいけないという格好のルールはなく、赤ちゃんが和装だからといって、参列者も着物を着なくてはいけないというマナーもありません。
しかしながら、赤ちゃんが初めて神様と挨拶をする儀式・お祝いごとでもあるので、着物でない場合はしっかりとしたフォーマルな服装が好ましいでしょう。

母親のお宮参りの服装は

昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」を着るかたが大半でしたが、現在は着物や訪問着、洋装ならワンピースやスーツを着る方がほとんどです。

お参りの服装を考える上で一番気にしてあげたいのは、赤ちゃんやお母さんの体調です。お参り当日の体調や動きやすさ、天候や気候などを考えて服装を決めても構いません。
お母さんは授乳も間隔がまだ短い時期ですので、外でも簡単に授乳してあげられる、授乳服のワンピースが便利です。

靴も赤ちゃんを抱っこするので、ヒールではなくフラットシューズなどの安定した靴が安心です。アクセサリーについても同様に、赤ちゃんの事を考えるとつけなくてもいいでしょう。

父親のお宮参りの服装は

父親の服装は、スーツを着るのが一般的です。赤ちゃんやお母さんが和装を着ていても、お父さんは和装をする必要はありません。スーツについては、冠婚葬祭用を着用するのがいいと言われています。私服を着る場合は、母親、父親どちらもカジュアルになりすぎないように、ブラウスやジャケット、ひざ下丈のスカートやパンツを着るといいでしょう。
なかには、しきたりにこだわるご家庭もありますので、祖父母と服装について話し合い、お参り当日に雰囲気が揃うように事前に相談しておくことが大切です。

お宮参りでママのおすすめの髪型は?和装・洋装・長さ別アレンジ

お宮参りのとき、服装と並んで迷ってしまうのがママの髪型。そこで、忙しいママ必見!のおすすめヘアアレンジをご紹介します。

和装・着物でお宮参りに行く場合

お宮参りは赤ちゃんの一生に一度の大事な記念日だからこそ、しっかり準備をしてママも和装をしたい!という方も多いもの。お着物を着る場合の髪型で、おすすめなのがアップスタイル。お宮参りでは、赤ちゃんの掛け着で両手がふさがってしまうからこそ、後れ毛はあまり出さず顔周りをすっきりとまとめるのがおすすめです。また、お宮参りは赤ちゃんが主役のお祝い事。可愛いから、と華美な髪飾りをつけたり、盛り髪をすることはあまりおすすめできません。
お参りをする際は、なにかと頭を下げることも多いはず。お辞儀をした際に前髪が崩れてしまったけれど直すことができない…!なんてことのないよう、長い前髪はすっきりまとめておくと、安心です。

ショートヘアの場合も同様に、顔の横の髪の毛は編み込みなどですっきりと後ろにまとめたり、前髪をポンパドールにしておくと、髪型の崩れを気にせずお参りすることができます。

洋装でお宮参りに行く場合

出産から1ヶ月で、毎日バタバタしてしまってなかなかお宮参りの準備もできない…とお困りのママ。ワンピースなどフォーマルな洋装でお参りに行く方もいらっしゃいますよね。

お宮参りの産着は、ママの背中で結ぶため長い髪を下したままだと何かと不便になりがちです。和装ほどでなくとも、すっきりまとめておくのが良いでしょう。編み込みや三つ編みで少しゆるめにまとめ髪をすると、可愛らしさも演出することができます。
ショート~ミディアムヘアの方は、毛先を巻いて華やかさをプラスしてみましょう。前髪が長めの方は、ポンパドールにしたり、横に流してピンで留めるなど、両手がふさがっていても気にならないようにしておくことがポイントです。

お宮参りにおじいちゃんおばあちゃんが来る場合の服装は?

お宮参りの際の祖父母の服装は、基本的にはフォーマルな服装で参拝するのがよいでしょう。

祖母の服装のポイント

祖母の場合は、黒留袖、色留袖、スーツ、ワンピースなどになります。赤ちゃんが掛け着の場合、お母様とおばあ様も和装で揃えても素敵ですし、スーツでも問題はありません。
特に、父方の祖母は赤ちゃんを抱っこする役割がありますので、無理のない服装で参列しましょう。ワンピースやスーツなどの洋装の場合は、黒や紺色、ベージュなどの派手すぎない色で無地のものがよいでしょう。また、靴も洋服に合わせて黒や紺色など、落ち着いた色合いのものにしましょう。

祖父の服装のポイント

祖父の場合は、冠婚葬祭で着用するようなスーツがよいでしょう。おじい様のスーツも黒や紺色、グレーなど落ち着いた色合いが好ましいです。デザインは無地や薄いストライプなど、柄が入っていても構いません。なお、祖父は赤ちゃんや祖母が着物であっても、和装である必要はありません。
おじい様もおばあ様も体調や天候、季節などによって無理のない服装をしましょう。

両家で相談して統一感ある装いを

また、事前に赤ちゃんのご両親やもう一方の祖父母と相談し、参列者の服装を揃えると統一感が出て全体的なバランスが整います。どちらか一方の祖父母が正装、もう一方がカジュアルな服装で参列した場合、カジュアルな服装で参列した祖父母は恥ずかしく感じてしまうかもしれません。
そのような事態も防ぐため、事前の相談を行い服装を統一することをおすすめいたします。

なお、父方の祖父母より母方の祖父母の方が格の低い服装で参拝するのがよいとされている場合もあります。(和装の場合は父方の祖母が黒留袖の場合、母方の祖母が色留袖など)
以前に比べしきたりを重んじるご家庭も少なくなってはいますが、赤ちゃんのせっかくのお祝いごとですから、ご家族にとってよき日になるようあらかじめ打ち合わせをするとよいでしょう。

お宮参りの写真撮影は生後何日から?いつごろする?

生まれて初めて外出してのイベントとなるお宮参り。一般的には男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われております。寒い時期に誕生した赤ちゃんですと少しでも温かくなった時期にずらして撮影する方もいます。

生後1ヶ月の赤ちゃんの撮影では寝ているか、泣いているかの撮影が多いですが、赤ちゃんの体内時計と撮影時間がピッタリとベストの状態だと起きている写真が撮れたり、奇跡の新生児スマイルが見られます。新生児の面影を少しでも残したい方は生後1ヶ月が良い撮影時期かと思います。まだ自分で温度調整が出来ないのでしっかりと準備をして外出しましょう。

中には、100日記念や、お食い初めの時に撮影される方もいます。この時には約3ヶ月の赤ちゃんも色々な表情を出せるようになり、笑ってくれたり首周りもしっかりとして来ている時期でもあるので、色々なバリエーションで撮影ができ、手足をバタバタと動かす赤ちゃんらしい元気な姿も見られ、動きのある写真が欲しい方には良いかと思います。

お宮参りの衣装はレンタルできる?

お宮参りの衣装は、フォトスタジオやネット通販などでレンタルを利用される方もいますが、やがて来る3歳の七五三で仕立て直しをして着ることもできるため、購入する方も多いです。
赤ちゃんのお宮参りとは初めて神様に挨拶する儀式というものであり、生まれて初めての公式的な行事ということもあって、親としてもドキドキするもの。

記念撮影のため、いざスタジオを予約し、撮影となったとき「記念に残る写真を撮るなら正式な衣装を着て撮影がしたいけど購入するのはちょっと…」「衣装は持ち込みでなきゃ撮影はできない?」なんて心配になっていませんか?
こども写真館プレシュスタジオなら、お宮参り用の撮影衣装も無料でレンタルできます!女の子用、男の子用それぞれに人気のお宮参り用の掛け着のレンタルを承っておりますのでご安心ください。また、スタジオ内の撮影だけでなくお宮参りの参拝に衣装をレンタルしたいご家族のために、プレシュスタジオでは「来店前掛け着レンタル」や「来店後掛け着レンタル」というサービスもございます。

来店前掛け着レンタルは、撮影の前にご自宅に掛け着をお届けするので撮影前に神社にお宮参りしたいというお客様にぴったりです!反対に、来店後掛け着レンタルではプレシュスタジオでの写真撮影後、そのまま衣装の貸し出しをしますので、撮影を終えてすぐに神社へお参りをしたいお客様にぴったりです。
今回はお宮参りの衣装についてお届けしました。

お宮参りの記念撮影はプレシュスタジオへ

こども写真館プレシュスタジオでは、大切なお宮参りの記念を形に残す記念撮影を行っております。一軒家貸切型のハウススタジオにて、スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

あわせて読みたい記念撮影の基礎知識コラム

撮影シーン別

最近のコラム

撮影料金・プランPhoto Plan

七五三(753)、お宮参り、ハーフバースデーなど、さまざまな撮影シーン別にお得なプランをご用意しています。
皆さまの大切な記念日の記録撮影を、全て想いを持って承ります。

店舗一覧PhotoStudio List

       

東京近郊の一軒家貸切型こども写真館プレシュスタジオ一覧です。お問合せは各フォトスタジオにて承ります。