記念撮影コラム Photo Column        

                   

お宮参りはいつするもの?写真撮影日の決め方は?

お宮参りは何のための行事?

お宮参りは「我が家に赤ちゃんが無事に生まれてきてくれました」と住んでいる土地の守り神である氏神様に報告し、赤ちゃんの健やかな成長を祈る行事です。お宮参りは年間で決まったシーズンがあるものではなく、生後1ヶ月頃の赤ちゃんとママ・パパ・ご家族で神社に行き、お参りをします。
※氏神様とは、地域・土地を守っている神社のことで、鎮守様、産土(うぶすな)様とも呼ばれています。信仰や本人の意識とは関係なく、氏神様が守る地域に住んでいるすべての人の事を氏子(うじこ)と呼びます。

お宮参りはなぜするの?しないといけない?

お宮参りは育児の伝統的な行事ではありますが、行うか否かについては、ご両親の考え方やご家庭の信仰によっても変わってきます。ですから、「うちはお宮参りは必要と思わない」という人でも、どうしてもしなければいけないということはありません。実際に、お宮参りをしないご家庭もありますし、体調不良などの理由からお参りのタイミングを逃してしまったという場合もあります。
お宮参りをするかしないかについて、もしご夫婦やご親族で意見が異なる場合には、よく話し合って簡素に行ったり、神社にお参りはしないもののフォトスタジオで記念写真を撮影して形に残すといったケースも増えています。

お宮参りはどこの神社に行くもの?

お宮参りは家の近くの神社に参拝するのが一般的です。どこの神社にお参りするのか決まっているわけではなく、最近では、近隣ではなく離れていても崇敬(信仰)している神社や有名な神社にお宮参りで参拝するご家族も増えています。

生後何日でお宮参りをするの?

お宮参りはいつするのか、お参りをする時期は赤ちゃんの生後1ヶ月頃で、性別によって少し違いがあります。一般的に、男の子は生後31日目・32日目、女の子は生後32日目・33日目と言われていますが、地域の風習によっても異なります。
決められた日にこだわってお参りするべきというものではなく、気候や天候、一緒にお参りをされるご家族の方のご都合に合わせて、お日にちを決める方も多くいらっしゃいます。

お宮参り時期の赤ちゃんの体調ケア

お宮参りは生後1ヶ月頃の赤ちゃんが主役なので、あくまでも赤ちゃん本人や出産後間もないママの体調を最優先に考えて、無理のない日程で行うのがおすすめです。生後1ヶ月頃の赤ちゃんは、少しずつ外出をしても良い時期とされていますが体温調整がまだまだ上手にできません。夏場であれば午前中や夕方の涼しい時間帯に、冬場であれば正午のあったかい時間帯に、春秋であればポカポカした時間帯に行うなど、赤ちゃんの体に負担がかからないように心掛けましょう。できるだけ短時間での外出が望ましいです。

お宮参りはいつまでにするべき?ベストなタイミングは?

先にお話したように、お宮参りを行う日にちは地域によっても様々で、しきたりとしては赤ちゃんが生後1ヶ月程度で行うところが多いものです。時期については、女の子生後32・33日、男の子生後31・32日を過ぎたらいつまでに行かないといけない、という明確な決まりはありません。ですので、2ヶ月先でも3ヶ月先のお宮参りでも大丈夫です。100日祝い(お食い初め)と一緒にお参りをするのもいいでしょう。
ただ、赤ちゃんが1歳になるまで、お宮参り・100日祝い・6ヶ月のハーフバースデー・1歳バースデーと、はじめての記念日がたくさん訪れるので、遅くとも1歳になる頃までのタイミングにはお宮参りと記念撮影を済ませておきたいですね。

お宮参りの日取りは仏滅でも大丈夫?

お宮参りは子どもの健やかな成長を願ってご祈祷や参拝をする日なので、日取りを心配される方もいるようです。特に、「大安にお宮参りすべき?」「仏滅にお宮参りをするのはマナー違反?縁起が悪い?」「どうやって決めるのがベスト?」という疑問を持つ方が多いので、六曜(六輝)を踏まえながら解説したいと思います。

まず、大安や仏滅は、六曜(六輝)のうちの1つになります。六曜(六輝)は大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6つのことで、昔は一週間を7日ではなく6日で数えていたためその名がついていると言われています。

大安
一日中が吉。大にして安しの意味で、何をするにも良い日とされています。
友引
午前中と夕方は吉、正午のみ凶。凶事が友に及ぶという意味で、本来は何をしても勝負がつかない日とされています。
先勝
午前中は吉、午後は凶。先んずれば勝という意味で急ぐことが吉とされています。
先負
午前中は凶、午後は吉。先んずれば負けるという意味で急がず静かに待つのが良い日とされています。
赤口
正午のみ吉。午前・午後は凶。
仏滅
すべて凶。仏も滅するという意味で、何をするにも凶とされる日ですが新しい事を始めるのに適した日とも。

このように、六曜(六輝)にはそれぞれに吉の時間帯と凶の時間帯があるとされていますが、あくまでも日取りを決めるひとつの判断材料にすぎません。
大安にお宮参りの参拝をしなければいけないという決まりはありませんし、逆に仏滅に参拝したからといって縁起が良くない・マナー違反になるという訳でもありません。かえって仏滅のほうが、神社も空いていてゆっくり参拝できる、なんてメリットもあります。
※現在の一週間である月曜から日曜日までにも、吉凶があるとされていますがこれもひとつの判断基準なので必ず避けるべき、というものはありません。

とはいえ、六曜(六輝)を気にされる方もいらっしゃると思います。一生に一度のお宮参りですので、参拝についてはあらかじめ家族でお子さまのことを思って話し合うと良いでしょう。
※神社によっては、参拝時間が決まっている場合もありますので、参拝される神社に一度確認しておくと安心です。

お宮参りの写真撮影は生後何日から?いつごろする?

赤ちゃんが生まれて初めて、外出でのイベントとなるお宮参り。私たちこども写真館プレシュスタジオでは、生後1ヶ月の赤ちゃんの写真撮影では寝ているか、泣いているかの撮影が多いのですが、赤ちゃんの体内時計と撮影時間がピッタリとベストの状態だと起きている写真が撮れたり、奇跡の新生児微笑(スマイル)が見られます。
撮影のタイミングとして、お宮参りの記念写真に新生児の面影を少しでも残したい方は生後1ヶ月がちょうど良い撮影時期かと思います。まだ自分で体温調整が出来ないのでしっかりと準備をして外出しましょう。冬生まれの赤ちゃんですと、気候に配慮して少し温かくなった時期にずらして記念撮影をする方もいます。
なかには、100日記念・お食い初めの時にお宮参りの記念撮影をされる方もいます。このころには生後約3ヶ月の赤ちゃんも色々な表情を出せるようになり、笑ってくれたり首周りもしっかりとして来ている時期になります。生後1ヶ月頃よりも色々なバリエーションで記念撮影ができ、手足をバタバタと動かす赤ちゃんらしい元気な姿も見られるので、動きのある写真が欲しい方には良いかと思います。

お宮参りの記念撮影はプレシュスタジオへ

こども写真館プレシュスタジオでは、大切なお宮参りの記念を形に残す記念撮影を行っております。一軒家貸切型のハウススタジオにて、スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

撮影料金・プランPhoto Plan

七五三(753)、お宮参り、ハーフバースデーなど、さまざまな撮影シーン別にお得なプランをご用意しています。
皆さまの大切な記念日の記録撮影を、全て想いを持って承ります。

店舗一覧PhotoStudio List

       

東京近郊の一軒家貸切型こども写真館プレシュスタジオ一覧です。お問合せは各フォトスタジオにて承ります。