記念撮影コラム Photo Column

                   

七五三やお誕生日にも!家族写真におすすめの服装・ポーズ・飾り方アレンジ

3人で家族写真 さわやかなデニムコーデ プレシュスタジオ撮影

家族写真は撮りにくい??カメラがより身近になった現在でも、実は家族全員の記念写真を撮り逃してしまっている方が多いもの。改まって考えてみると、「家族写真はいつ撮る?」「どんなふうに撮るのが良いのか」「撮ったあとはどうしたら?」「ファミリーで写真スタジオに頼むと高くつくのでは?」等、なかなか聞けない疑問も出てきます。

そこで、家族写真の上手な撮影について、一軒家貸切型写真館のプレシュスタジオのカメラマン・コーディネーターがご紹介します。ぜひご参考ください。

家族写真は撮り逃しがち?

デジカメや本格的な一眼レフが必要だったころに比べて、スマートフォンやタブレットに付いているカメラ機能が当たり前になっている現在。常にカメラを持ち歩かなくても、日頃手にしているモバイル端末で手軽に写真を撮っている方も多いはず。
スマホのカメラやアプリも充実していて、最近では「カメラ女子」などという言葉もあるように、手軽な一眼レフカメラや軽量化されたミラーレスカメラなどもママさん達の間でも身近なものになりつつあります。

ですが、カメラロールやアルバムを振り返ってみると、実際撮っているのはお子さんの写真ばかりではないでしょうか?両親も入った家族写真となると、意外と撮り逃してしまいますよね。
例えば、旅行先やお出かけ先、親戚と集まる行事などで集合写真を撮られる方も多いと思いますが、家族全員の表情にまとまりがなかったり、目線がズレていたりすることも。また、知らない人に撮影を頼むのは面倒…..といった問題もあるようです。
そういえば何年も家族写真が残っていない、という方も、ぜひこの機会に家族写真についてポイントをおさえておきましょう。

家族写真撮影のベストタイミングは?

おすすめの撮影タイミングは、お祝い行事や家族の記念日。

  • 七五三
  • お宮参り
  • お誕生日
  • 入学式
  • ハーフ成人式
  • 出産前のマタニティフォト
  • 引越しや単身赴任の前 など

最近では、お宮参りや七五三など、お子様の成長記録にフォトスタジオで記念撮影をする際に家族写真を撮っている方が増えてきています。主役のお子様を中心に、兄弟・姉妹との写真、そして家族写真というイメージですね。

フォトスタジオでの撮影は、プロのカメラマンがお子様の表情を和らげ、家族全員の和やかな雰囲気を撮影してもらえるというメリットがあります。もちろん、写真スタジオに好みの雰囲気をオーダーできるので、見ず知らずの方に撮影を頼んで思った通りにならないという煩わしさもありません。
そこで、毎年のお子様の誕生日に必ず家族写真を撮っている方も多くなっています。
きっちりかしこまったフォーマルな写真と、カジュアルな服装で家族全員の自然な表情をフォトスタジオで撮影するのもいいですね。

お子様の成長記録は、お子様1人のものではなく家族全員の記録でもあります。お子様の記念撮影の際にはぜひ、家族写真を撮るのがおすすめです。
また、パパの単身赴任が決まったときや、おじいちゃんおばあちゃんと離れてお引越ししてしまうときなども、家族写真を撮るのに良い機会です。離れていても家族みんなの笑顔の写真が手元にあると、気持ちが安らぐのではないでしょうか。

家族写真におすすめの服装は?

実際に家族写真を撮る際に、どんな服装をしたら良いのか?ペアルックのように家族全員でお揃いのコーディネートはちょっと躊躇しそう、というご相談をよくいただきます。
家族写真におすすめの服装は、撮影シーンに応じて異なります。フォーマルとカジュアルとで、テイストが大きく分かれるのでそれぞれのおすすめシーンをご紹介します。

フォーマルな服装がおすすめの撮影シーン

家族3人で記念写真

たとえば、七五三・お宮参り・入学式・ハーフ成人式など記念撮影の家族写真ではフォーマルな服装がおすすめです。
行事の主人公であるお子様は、お着物や袴、スーツやドレスを来て撮影をするので、ご両親やご兄弟もスーツやワンピースなどのきれい目な服装で合わせるとよいでしょう。
そのとき、全身のトータルバランスが合った革靴やパンプスなども用意しておくと、足元まで入ったかっちりした家族写真も撮ることができます。ママはヒールがなくても構わないので、足元だけスポーティーな雰囲気でちぐはぐになってしまわないように注意しておけばOKです。

また最近では、お父様お母様向けにお着物をレンタルできるサービスもあるので、ご家族そろってお着物を着た家族写真も一生の思い出になるのではないでしょうか。プレシュスタジオでは、ママの訪問着やパパの羽織袴もレンタル可能です。

カジュアルな服装がおすすめの撮影シーン

ファミリーで記念写真 赤ちゃんと両親

対して、かしこまった印象よりも、今の家族の姿をありのままナチュラルに写真に残したい場合は、カジュアルな服装がおすすめです。着慣れない和装が苦手なお子様でも、リラックスした状態でいつもの家族の雰囲気を引き出しやすくしてくれるでしょう。
カジュアルな服装で注意したいポイントが、服装がラフすぎてしまったり、まとまりがなくなってしまうこと。そこで、普段の家族らしいカジュアルな服装でも、少し特別に、少しおしゃれな家族写真を撮るためのリンクコーデをご紹介します。

家族写真におすすめのリンクコーデ

リンクコーデとは、色味や柄、テイスト、小物を一部でも揃えたコーディネートで、ワンランク上の統一感を生み出します。まるごとお揃いコーデやペアルックよりも、自然におしゃれなまとまりが出るのではじめてのご家族でも安心です。隠れたドレスコードのような雰囲気が出ます。

4つのポイントで作る家族のリンクコーデ

  1. カラーを合わせたコーデ
  2. 柄を合わせたコーデ
  3. テイストを合わせたコーデ
  4. 小物を合わせたコーデ

カラーを揃えたリンクコーデ

色でリンクする場合は、ホワイトやベージュ、カーキなどがおすすめです!原色カラーを用いる場合は全体よりも、小物やワンポイントとして取り入れると良いかもしれません。

柄やテイストを揃えたリンクコーデ

柄やデザインでそろえる場合は、ボーダーやチェックが取り入れやすくおすすめです。ボーダーは太さが揃っているときれいに見えます。また、テイストで揃える場合はシャツやジーンズなどが合わせやすいです。

小物で揃えたリンクコーデ

小物でリンクコーデを作る場合は、帽子やメガネ、靴下などでそろえると小粋な統一感が生まれます。家族全員で同じ靴、というのはなかなか難しいですが、あえて靴を脱いで裸足でそろえても、より自然な雰囲気が出るかもしれません。

このように、リンクコーデの合わせかたは多様にありますので、家族で合わせやすく、皆さんが自然体でいられるお好みのコーディネートにトライしてみましょう。

家族写真におすすめのポーズは?

普段セルフで集合写真を撮ると、直立不動やピースが多くなってしまいますよね。写真がちょっと苦手な方は、お話を伺うとカメラの前での表情やポーズが苦手、というお悩みを持っていることもあります。
その点、フォトスタジオでは、撮影時にコーディネーターとカメラマンが雰囲気を和らげながらポーズをレクチャーしてくれるので安心です。事前に知っておくとより家族写真が素敵になる、オススメの家族写真ポーズをシーンごとに紹介いたします。

マタニティフォトのおすすめポーズ

マタニティフォト 親子で撮影お母さんのお腹に家族の皆さんで手を当てたり、キスや耳を当てる写真をお撮りしたり、ご兄弟がいる場合は、お子さんも一緒におなかに手を当てたりキスをすると微笑ましいお写真が残せます。
また、小物をお持ち込みしていただいて、エコー写真や赤ちゃんの洋服や靴やおもちゃなどを一緒に入れて撮るのもマタニティ写真ならではでオススメです。ご家族並んでみんなでおなかを出している写真も、ユニークで楽しい雰囲気になります。

お宮参り写真のおすすめポーズ

生後31~32日に迎えるお宮参りでは、赤ちゃんの小さな手足など、体のパーツにフォーカスしたお写真を撮るのも最近のトレンドです。家族みんなで手を重ねて撮ったり、お子様の足を持って大人の方が手でハート形を作るポーズも人気です。お父様・お母様・お子様のサイズ感の違いがとても可愛く撮れるので、赤ちゃんのときに撮るのがオススメのポーズです。
パーツのアップ写真はもちろん、お宮参りは生まれて初めてのお祝い事でもあるので、かっちりと足元までお入れしたお写真は必ず残しておきたいですね。

神社でのお参りでは、父方のおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこする習わしがあるので3世代での家族写真もおすすめです。出張撮影なら、お参り当日の屋外の家族写真も残せるのでスタジオとはまた違った雰囲気になります。

バースデーフォトのおすすめポーズ

お誕生日では、かしこまりすぎず、お子様をメインにラフな感じにお撮りするのがオススメです。家族みんなでリンクコーデやお揃いの服、色味を合わせて撮影すると、とてもまとまりのあるおしゃれな記念写真になります。
小さいお子様であれば、お子様のほっぺにキスをしたり、高い高いをしたお写真もオススメです。足を開いてお父様、お母様、お子様の順番に内側へ座って、汽車ごっこのように並ぶのもとても可愛いですよ。
また、あえてカメラ目線を意識しない、家族の自然な雰囲気も普段はなかなか撮ることができないのでオススメです。家族みんなで楽しく会話している自然な雰囲気を、カメラマン独自の目線で撮影できます。

七五三写真のおすすめポーズ

プレシュスタジオ自由が丘店のスタジオ内装 和室かっちりとした写真が定番の七五三では、あえてご家族でギュッとほっぺとほっぺをくっつけたり、和室のセット(畳)があるフォトスタジオでは、みんなで横並びで正座をするのもオススメです。並んで正座をした家族写真はなかなか撮れないので、撮影データを年賀状に活用するのにもぴったりです。
家族全員での写真撮影のあとは、お子さんとお父様お母様それぞれ2ショットを残しても思い出になります。お父様との2ショットでは、男同士だと背中合わせで腕を組んだりするとかっこよく、身長差がとても可愛いポーズに。お母様との2ショットは、向かい合って両手を繋ぐポーズだと、少し甘えたようなお子様のお顔が可愛い写真になります。
七五三はお子さんが被布や袴など、着物を着ることが多いので、家族みなさんでお着物を着ていただくと、さらに特別な思い出になります。

また、お宮参り同様に、伝統的なお祝い事なのでかっちりと足元までお入れしたお写真は必ず残しておきたいですね。普段、家族揃って写真を撮る機会はなかなかないと思いますので、この機会に様々なポーズに挑戦して、素敵な思い出を残してみませんか。

家族写真をインテリアに!上手な飾り方

家族写真を撮影したら、アルバムや台紙にして保管したり、年賀状にしたり、SNSにアップするのも良いですが、ぜひおうちに飾ってみましょう。特に、離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんや、単身赴任のお父さんにとっては家族写真が暮らしの風景に目に入るとほっとする癒しになります。
飾り方は色々です。インテリアとしてはフォトフレームやデコレーションが手軽。たとえば、スクラップブックにしたり、額に入れて壁に飾ったり、立て掛けられるフォトフレームに入れてリビングや台の上に置くだけでも明るい印象をもたせることができます。

フレーム選びのときに、モダン・シックな印象を持たせたい場合は黒やダークカラーのフレームを選んでみてもいいかもしれません。無造作に配置してみると、落ち着いた雰囲気の中から遊び心が見えておしゃれを演出することができます!
可愛い雰囲気にしたい場合は、フレームや額などに入れずに、ガーランド風に飾ってみてはいかがでしょうか。撮影した写真を写真屋さんなどでプリントして、麻紐を壁に貼って、ウッドピンチで写真を吊り下げるだけでもナチュラルなテイストになりますよ。プレシュスタジオでは、タイルタイプのフレームや壁掛けも置き型もできるフレーム、イーゼルつきのキャンバスフォトやフォトカードセットなど、撮影した家族写真でオーダーできるオリジナルフォトアイテムを多数ご用意しています。いろんな飾り方で家族写真を楽しみましょう。

家族写真のフォトスタジオを選ぶポイント

家族写真を撮る際に、フォトスタジオを決めるポイントがいくつかあります。

スタジオの雰囲気・撮影のテイスト

まずはじめに、どのような家族写真を残したいかをイメージしましょう。垢抜けた自然な感じや、昔ながらのカッチリとした家族写真など。特に、重要な写真の雰囲気を左右するのは、背景となる内装・セットや小物です。フォトスタジオがご自身の好きなテイストかどうか、調べてみましょう。
こだわりのある方は、自然光で撮れるか、人数によってはある程度の広さがあるかなど、細かい所までチェックしてみましょう。

最近では、ウェブサイトから所属カメラマンやコーディネーターの情報を見ることができるフォトスタジオも多いです。どんなカメラマンがいるか、どんな写真を撮ってもらえるのか参考にしてはいかがでしょうか。プレシュスタジオでは、店舗によりスタッフの指名も可能です。
休憩できるプライベート空間があるか、着替えや授乳できるスペースがあるかもお子様連れでのフォトスタジオ選びの重要な点です。

予約制の写真スタジオのなかでも、事前に見学ができるところもあります。見学に行くと実際の内装を見られたり、スタッフの方が相談に乗ってくれますので安心できるかと思います。

撮影料金プラン・アクセス

利用料金については、撮影データをもらえるのか別料金になるのか、もらえる場合のデータの枚数が何枚なのかもしっかり確認が必要です。写真館によっては衣装や小物のレンタル料がかかったり、持ち込み料が発生することもあります。また、カメラマンの撮影中に自分たちで写真を撮るのが禁止されているスタジオもあるので事前にチェックしておきましょう。
もちろん、スタジオまでのアクセス・交通手段も大切です。小さいお子様がいらっしゃると、駅からの距離や駐車場の有無は気になるところですね。ショッピングモールの中にある写真館と違い、貸切型でのびのび撮影できるハウススタジオの場合は、アクセスが入り組んでいることもあるので調べておくと安心です。

家族写真を上手に撮るポイントまとめ

  1. 子供のお祝い行事に家族写真も撮影しましょう
  2. 服装は撮影シーンに応じてフォーマルまたはカジュアルに
  3. 七五三やお宮参り、ハーフ成人式はフォーマルに
  4. 家族全員で着物の写真も思い出に!
  5. カジュアルな家族写真はリンクコーデでおしゃれに
  6. ポーズは撮影シーンやお子様の年齢に合わせてチャレンジ
  7. 撮影データを使ったフォトアイテムは素敵なインテリアに
  8. スタジオ選びはテイストや料金、データの有無で選ぶ

家族写真は一軒家貸切型ハウススタジオのプレシュスタジオへ

私たち一軒家貸切型写真館プレシュスタジオの名前の由来は、大切で二度と戻れない瞬間、という言葉から来ています。一般的な写真館と異なり、完全予約制で貸切型なのも、お客様一組一組をていねいにおもてなしさせていただくため。
すてきな家族写真を残すお手伝いなら、プレシュスタジオにおまかせください。カメラマン、コーディネーターをはじめ、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

あわせて読みたい記念撮影の基礎知識コラム

撮影シーン別

最近のコラム

撮影料金・プランPhoto Plan

七五三(753)、お宮参り、ハーフバースデーなど、さまざまな撮影シーン別にお得なプランをご用意しています。
皆さまの大切な記念日の記録撮影を、全て想いを持って承ります。

店舗一覧PhotoStudio List

       

東京近郊の一軒家貸切型こども写真館プレシュスタジオ一覧です。お問合せは各フォトスタジオにて承ります。